第十一章 終章

第十一章 ~終章~ お兄ちゃんへ

「お兄ちゃんへお兄ちゃん、あなたとさよならして、もうかなりの月日が経ってしまいましたね。私は、どうしてこんなにもあなたを愛したのでしょう。あなたと一緒にいた時間はあんなにも短かったのに。会えなかった時間の方が、ずっとずっと多かったのに。お…

第十一章 ~終章~ 3月の雪

……あれから数年後……「由香、由香!何してるの?早くしないと遅れるわよ」階下から母の声がした。「今、降りる!」由香は下に向かって答えた。母は降りてきた由香に向かって、まくし立てるように言った。「もういつもいつもギリギリまで寝て。早くしなさい!…

第十一章 ~終章~ 幸せになれよ

クリスマスがやってきた。朝起きると、窓の外がやけに明るかった。由香はベッドから起き上がって、窓を開けた。外は真っ白で、何も見えないほどに雪が積もっていた。イヴの夜も店長代理をしている店で深夜まで発注業務をしていたが、その時も帰り道でも降っ…

第十一章 ~終章~ 彼なりの優しさ

長雨だった秋が終わり、季節はもう冬になっていた。ちょうど1年前、由香は悩んでいた。悩みに悩んでいた。ほとんど連絡がないお兄ちゃんのこと。嫌われてしまったのだろうか、それとも他に恋人が出来たのだろうか、もう飽きてしまったのだろうか…いろんな質…

第十一章 ~終章~ 私に出来ること

「もしもし。由香?久しぶりだね」のんちゃんからの電話だった。サークルが開催されなくなったのは、お兄ちゃんがバイトで忙しくなると言った頃だったので、彼女と会わなくなってもうかなりの月日が流れていた。「サークル、由香は乗り気じゃないって分かっ…

第十一章 ~終章~ もう迷わない…

依然として雨は降っていた。その雨は誰かの涙のようにも見えた。由香の涙だろうか、お兄ちゃんの涙だろうか、それとも店長の涙だろうか…「帰ろう…かな」店長は独り言のようにつぶやいた。シフトレバーにかけた店長の手は、とても綺麗だった。細い指、しなや…

第十一章 ~終章~ 店長との約束

店長は続けて話した。「俺は君に好きだと言った。でも君からは、そんな言葉は一度も聞いていない。君が俺に言ったのは、今は何も言えないってことだけだ。だったら君が彼のところに帰っても、何も不思議はないじゃない。それより、はっきりと好きだと言われ…

第十一章 ~終章~ 君は彼の元へ

心と言葉の整理が全く出来ないままに、仕事は終ってしまった。由香はいつものように自分の車をおいて、店長の車に乗り込んだ。車は静かに動き出し、いつも二人が話をする駐車場に着いた。道中も着いてからも、店長からは何も聞いて来なかった。由香は仕方な…

第十一章 ~終章~ 収集の着かない感情

お兄ちゃんと朝まで長く悲しい最後の電話をした日、由香は学校にもバイトにも行かなかった。いや、行けなかった。連絡をする気力すらなかった。とても人前に出られるような顔ではなかったことも確かだったが、精神的に無理だということも分かっていた。その…